EV Palette

症例ファイル管理システム

ビューアーとダイレクトにリンクする症例管理

あらゆるファイリングデータを直感的に配置するインターフェースを持ち、これまでにない操作感を実現しました。 PACSを融合させることにより、フィルムレス時代の症例管理を効率的に行うことができます。

< 基本機能 >

  • 各種ファイル登録/検索
  • PACS連携
  • レポート連携
  • エクスポート/インポート
  • 問題集モード
  • アクセス権設定

< 特長 >

症例情報を簡単に整理

文書・画像・PDFなどさまざまなデータに対応しており、自由な発想でデータを組み合わせてファイルにまとめられる症例管理システムです。当社のPACS/レポートと連携してスムーズな作成・閲覧ができます。
作成したファイルは、アクセス権設定により編集・閲覧ユーザーを制限できるほか、エクスポートして共有することも可能です。

ビューアーにリンク

ビューアーに直接リンクすることで、単なるキャプチャーでなく連続的に画像が見られる、読影していたレイアウト・表示をそのまま再現できるといったメリットがあります。

おすすめの活用シーン1:カンファレンス

カンファレンス症例のビューアーの状態保存や関連資料を事前にファイルにまとめておけば、カンファレンスの進行がスムーズになります。
参加者が同じファイルをタブレットで閲覧することもできます。(オプション)

おすすめの活用シーン2:教育用問題集

問題・解答の作成機能により、問題集としてご活用いただけます。解説やヒントにパスワードをかけられるので、教育用におすすめです。