ARIStation

循環器用画像診断システム

スピーディー、快適、ノンストップ

循環器科業務の迅速な操作に追従する画像表示。煩雑な作業を省き、解析までのワークフローもスムーズです。
循環器画像を、CT、MRI、心エコーデータと同様に管理。放射線科画像の表示を含め、台帳入力・解析なども端末1つで行えます。万が一の場合でも業務を止めず、データの保全性を確保します。

< 基本機能 >

  • medica-Viewer
    • 心臓カテーテル検査対応
      汎用ビューアーソフトウェア
  • medica-Viewer Lite
    • 院内画像配信用MPEGビューアーソフトウェア
  • CardioLogic
    • 冠動脈狭窄率解析ソフトウェア
      CardioLogic Coronary
    • 左室容積計測・壁運動解析ソフトウェア
      CardioLogic LVG
    • 右室容積計測・壁運動解析ソフトウェア
      CardioLogic RVG

< 特長 >

心臓カテーテル検査対応汎用ビューアーソフトウェア
medica-Viewer

心カテの画像診断に要求される緊急性を考慮し、必要な機能を凝縮しました。シンプルで分かりやすく、スピーディーーな操作性を追求しています。
画像読み込み中でもレスポンスを維持し、再生、操作が可能です。バイプレーンの画像は、自動で正面・側面の画像を並べて表示、同期再生、同期操作などをシンプルな操作で実現します。表示切り替え、各種フィルタやCD作成などは簡易操作で効率向上。

院内画像配信用MPEGビューアーソフトウェア
medica-Viewer Lite

元データの5%に圧縮された膨大な動画データを瞬時に表示します。
ロースペックのクライアントマシンでも、IEさえあれば手軽に閲覧可能です。

冠状動脈狭窄率解析ソフトウェア
CardioLogic Coronary

ジオメトリック法、デンシトメトリック法により狭窄率を算出し、狭窄部位解析結果をグラフ表示します。解析した狭窄率と計測結果はレポート形式(AHA規格に準拠)出力し、結果を有効活用できます。

左/右室容積計測・壁運動解析ソフトウェア
CardioLogic LVG/RVG

拡張期と伸縮期をトレースし、容積計測や壁運動解析を実施します。正常値との比較が可能で、解析・計測結果はプリンタでのレポート出力ができます。

CardioLogic net カルディオ・ロジック ネット
認証番号:227ALBZX00021000