財団法人津山慈風会 津山中央病院

放射線科 主任部長 藤島護先生
システム室 副部長 村上公一氏

お使いになったご感想をお聞かせください

PSPは最新の技術にチャレンジし、ユーザーに愛されている製品であるという感じがします。ユーザーが自分で設定できる項目やショートカットキーが非常に細かく準備されていることには驚きました。
他病院から紹介で持ってこられたCDに入っているDICOMフォルダーをドラッグアンドドロップするだけですぐに表示できる機能はとても便利です。いちいちサーバーに取り込まなくても、患者さんがその場で出されたものを確認することができることで診療が効率的に進みます。また全体的に色々な連動がスムーズです。当院ではレポートからカルテを起動することができるようになっています。また連動の機能はよく使う機能ですし、PET画像のフュージョンも便利です。そして、何よりよいのは放射線科だけでこれらの機能が使えるのでなく、院内の全てで使用できるところにあります。院内のビューアーは参照用ということで本当に基本の機能しかないメーカーもありますが、PSPのビューアーは個人ごとの設定で使いたい機能を、院内どこからでも利用することが可能です。
サーバーを仮想化して、サーバラックの本数が少なくできました。システム更新もシステム丸ごとでなく、5、6年後にハードウェアのみの更新で大丈夫なのでトータルコストが安くなると見込まれます。これらの点は是非とも他院に伝えたい点です。
これまでのPACSメーカーさんはシステム稼働段階で現場の意見を中心に考えることからシステムポリシーが崩れることがありました。しかし今回はシステム室がきちっと仕様を管理できるようにマネージメントしていただけた点が非常に評価できると思います。