小樽市立病院

放射線科 医療部長 南部敏和先生

お使いになったご感想をお聞かせください

日常の読影では、CT・MRI検査の経時比較読影の頻度が増えており、件数もたいへん多く、これをいかに効率的にこなしつつ、必要な情報をレポートに掲載できるかが死活問題になっている、と感じています。
私は頻繁に使用する機能は全てショートカットに登録しており、よく使用する画面分割や、画像を畳み込みして表示する機能、各種画像の検査日といった情報のクリップボードへの転送 なども設定しています。音声入力のマイクは通常は左手に持って操作される先生方が多いかと思うのですが、私のところではアーム式のマイクを宙に配置して、両手でPACSを使いこなすことで、より瞬時に操作ができるよう工夫しています。
基本的な使い方がわかりやすいだけでなく、このように、ショートカットキーやメニューボタンに自分の必要な機能を設定することができ、画像配置その他各種操作の使い勝手が非常によく、自由自在に操ることができるのがPSPのビューアーの魅力的な点です。一番印象的なことが、この「俊敏性」「自在性」だと思います。
レポートには経時比較読影にともない、対比した画像を貼ることがしばしばですが、一瞬で貼りつけをすることができ、その検査日時もキー画像の上に一括表示できるので、一目で前回から今回にかけてどのような変化があったかを把握することができ、臨床医への情報提供をより手厚くできる要因にもなっています。
PSPが他社と大きく異なる点は、開発者全員がユーザーの使用状況をよく調査、理解して、その情報を共有している点であり、私たちからの機能向上に役立つ要望については常に前向きに対応してくれること、更に要求を超えたレベルでの機能を考えてくれることは特筆すべき点だと思っています。